プロフィール

よっこっこ

Author:よっこっこ
一歳になった娘(HN…さくら)と、夫との三人暮らし。
楽しい子育てを目指しています!

娘 2005年2月生まれ
関東在住

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
家族とのニコニコの毎日や、愛娘のようすをつれづれなるままに書き留めていこう!
Lilypie 3rd Birthday Ticker
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
一年前を振り返る
さくらも、一歳になりました。
HNを「さくら」に変えましたので、お間違えなく。(笑)

そこで、一年前を振り返ってみようかと思います。

妊娠後期、スクスクと育っていったさくらは、健診のたびに大きい!と言われていました。
私の通っていた産婦人科は、ちょっと古いせいもあるのか?超音波画像に、頭と腹回りが
いっぱいで写りきらなくなっていたのでした。

そこで予定日も近づいた二月に入って、骨盤のレントゲン撮影を行いました。
そこで、案の定普通分娩は難しいかもしれないと言う事に・・・。

予定日になっても、何の変化もなく子宮も開かなかったので、ついに「帝王切開」が
現実味を帯びてきました。
入院の日を決めて、もうこうなったら『まな板の上の鯉』だ!と開き直って、
残り少ない妊婦生活を送っていました。

入院日は2月14日。
バレンタインデーに生むのも悪くないなぁなんて思っていました。
妊娠後期は、重みで歩くのもつらいほど足の付け根が痛くなっていた私ですが、
前日の13日は、二人だけで気兼ねなくデートも最後だと思い、夫と二人でお台場に夕飯を食べに行きました。
ビデオも持っていって、妊婦最後の姿を残したりしたけど、夕飯を食べ終わったら、
歩くのも辛くてさっさと家に帰ったのでした。

そして、お風呂も入り、実家で寝転んで、家族であれこれおしゃべりして、
夫に一日早かったけどバレンタインのチョコを渡して、一つ食べたり・・・。
12時を過ぎたので、明日も早いし寝ようかと思い、トイレに行こうと立ち上がったら、
「パシャー」っと何かが漏れた。

とりあえず、トイレに行ったけど、破水が止まらず、私はいきなりの出来事に
ブルブルと震えてしまった。
母を起こしてもらい、妹に「病院に電話しなさい」って言われて、震えながら電話しました。

冷静な看護士さんに言われたとおり、荷物を準備して夫と共に車で病院へ。
玄関を開けてもらい中に入る。
母親教室の時の看護士さんで、何だかホッとしたのを覚えています。

テキパキと処置を受け、書類に記入したりして、落ち着いたところで、
夫はまだ生まれないからと、家に帰ることに。
一向に陣痛も来ないので、ベッドで安静に過ごしていると、他にも入院者がバタバタときていた。
一人の人は、二人目だったようで、朝日が上る頃には元気な赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきて、ジーンとしました。
分娩室の声が聞こえてくるのを聞いていて、まるで本のとおりのお産だなぁって思ってました。

朝になり出直してきた夫が来ても、まだ子宮口は開かず、陣痛促進剤を受けることに。
徐々に陣痛が来て、それでも開くが悪く、更に促進剤を増やす。
そして、私も苦しくなってきて隣で余裕の夫にイライラしたりして。
だって、苦しんでいる私の横で缶ジュース飲んでたのよ。
これは、きっと一生忘れないでしょう。

それでも、子宮口の開きが悪く、先生が
「もう少し開くのを待つか?それとも、帝王切開に切り替えるか?」
と仰ったので、我慢できなくなってきた私は、
「帝王切開でお願いします」
と言ったのでした。だって、最初から切る覚悟は出来ていましたからね。

そして、切るための準備。
ここでも忘れられない出来事。
おなかの毛を剃るために、部屋を移ったんですが、そこは手術室で、滅茶苦茶寒かった。
ひんやりした部屋で、おなかも寒かったなぁ。
また、私の担当の看護士も、年齢的にはベテランだったけど、その病院に来てまだ日が浅いみたいで、不安になったよ。

足に、きついソックスを履いて、手術室へ。
腰に麻酔を打つときも、狭い手術台の上で、向きを変えて腰を丸める体勢は厳しいものでした。
痛かったのよね、この注射。動くと危ないですからって、ビクッとしちゃうよ。

右手に何度も刺しなおされて点滴をしていたので、左手に血圧計を巻かれて、身動きの取れない状態で手術は始まりました。
本当にこれぞ「まな板の上の鯉」だよ。

麻酔が効いて、手術されているのも人事のような状況の中、ことは順調に進み、先生の
ちょっとおなか強く押すからね」の後、娘は生まれて、「オギャー」と低い声で産声を上げました。

取り上げた、看護士さんが生まれたての娘を顔の横に連れてきてくれて対面。
看護士さんに「キスしたら?」って言われて、思わずしちゃった。
元気に生まれてきてくれたことに、感動して涙が出ちゃった。

その後の、私のおなかの処置もあり、先生は麻酔で眠らせてあげると言っていたのですが、
看護士さんにそうしないほうが、部屋に行く途中で赤ちゃんにもう一度会えるよ
と言われたので、麻酔はせずに処置を待ちました。
ちょっと、これがやはり気分の良いものではなかったんだけどね。

そして、ストレッチャーで部屋に移るとき、家族はすでに新生児室のガラス越しの娘を
みていました。頑張ったねなどと声をかけてもらい、私も横になりながら娘を見ました。
帝王切開で生まれた場合、私の病院では一日保育器に入ることになっていて、娘もその中にいて泣いていました。

3455g、50.2cmと大きく生まれた娘。保育器が狭く感じました。
娘と家族の顔を見て、ホッとした瞬間でした。

こちらが、そのときの娘。

生まれたばかり


翌日には、ベッドから起き上がり、トイレに行ったり新生児室を覗きに行ったり。
先生もビックリするほどの回復力で歩いていました。
っていっても、娘見たさにかなり頑張ったんですけどね。

丸一日たち保育器から出て、やっと病室につれてきてもらった娘の写真がこちら。
初めての抱っこでした。

初めての抱っこ


まだ、もっと色々あったんだけど、今思い出して書いてみると出産はこんな感じでした。
一年経った今も、まだ傷跡は時々チクチクと痛みますが、いたって元気に過ごしております。


一年経った娘は、最近の健診では8930g、73cmになりました。
ここのところの、成長ぶりは目を見張ります。
もう少しで歩き出しそうな今日この頃であります。

一年後



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
スポンサーサイト
【2006/02/16 12:26】 | 娘のこと | トラックバック(0) | コメント(9)
<<携帯から | ホーム | はじめまして>>
コメント
読んでいて、なんだかジーンとしてきました。
お産は本当に大仕事だよね。
そして、陣痛の時の旦那様の様子も
忘れられないことの一つだよね(笑)
お子さんの誕生日は、頑張ったママの記念日でもあります。
1年前、よく頑張ったね!

あ、ちなみに家の旦那は私の陣痛中、フラリと出て行ったまま何時間も帰ってこなくて…待合室で眠りこけていたのでした。一生忘れないわ(笑)
【2006/02/16 17:00】 URL | ひのりん #mQop/nM.[ 編集]
ブログお引越しされたですねv-238
これからもどうぞよろしくお願いします。
更新楽しみにしておりますので^^

さくらちゃん出産のお話、読んでてウンウンと思いました。
私は幸い普通分娩だったけど、よっこっこさんの記事読んで帝王気分が味わえましたよー。点滴に血圧計にと身動き取れない状態でまな板の上・・・ヒー。
ほんとお産は大仕事ですね。旦那様の缶ジュース、それは忘れられないですね^^;
しかしお産の翌日には起き上がって歩いてさくらちゃんを見に行くってすごい!帝王だった友人は2日目起きあがるのもしんどかったよーって言ってましたもん。
生まれたてではかなげな さくらちゃん、すくすくと元気に大きくなりましたねー☆
これからもお互い1歳児ママ頑張りましょう!v-217
【2006/02/17 09:11】 URL | きよこ #-[ 編集]
臨場感のあるお話でした。
お産って、、、大変なのね、と
改めて、思っています。
でも、それを乗り越えたからこそ、
愛しのさくらちゃんに会えたんですものね。
すっかり大きくなって、、、
なんだか、まぶしいです。
【2006/02/17 12:27】 URL | 和 #DdiHOXp.[ 編集]
はじめまして履歴からきました みう と申します
1年ですかぁ
うちは1年8ヶ月に入りましたが
お産は遠い日のことのように思えますね
あぁこんなだったんだすねぇ
私も思い出してみようかな(日記書いてましたから)
なんだか初心に戻れそうです

ウツという病気を持ちながら生んで
その後も育児ノイローゼで悪化してるのですが
なんだか 少しホロリ(嬉しい?)とさせられました

またこさせてくださいね
【2006/02/17 14:28】 URL | みう #rkd4Vjqo[ 編集]
お産ドキュメント、自分の時のことを思い出してドキドキしながら読みました。
帝王切開の傷跡、いまだチクチクしたりするのね。
まさにお腹を痛めて産んだ我が子ですね。
私も近々お産レポートしてみようかしら。

新しいブログも、リンクさせてくださいな。(´∀`)
【2006/02/18 00:18】 URL | とも #1Nk086zM[ 編集]
遅ればせながら・・さくらちゃん1歳おめでとうv-384
そして、新ブログ開設おめでとうv-314
さくらちゃんパーティーの笑顔の写真可愛くって思わず私もニヤケてしまったよv-290

1年前、よっこっこさん頑張ったね!
そして1年間子育てお疲れ様v-352
これからも、お互い楽しく育児頑張りましょうe-343

旦那さん横で缶ジュース飲んでたんだ。
うちの旦那は途中私が入る予定の部屋で、私が作ったお弁当を食べて(計画入院・促進剤使用だったから)お昼寝までして戻ってきたよv-411

こちらのブログもリンク貼らせてね♪
【2006/02/18 01:52】 URL | ナンコ #47mZkl1Q[ 編集]
ブログお引越しされたんですね。これからもよろしくお願いします。
さくらちゃんも1歳ですね。うちも来週で1歳です。出産のときの様子、読ませてもらって自分のときのことも思い出しちゃいました。
この1年は本当にいろんなことがあった1年でした。。。(しみじみ)
さくらちゃんも順調に育ってますよね。元気が一番・・・・ですね!!
【2006/02/18 21:58】 URL | ママちゃま #-[ 編集]
こちらでも、あらためてさくらちゃんお誕生日おめでとうv-25

お産、大変だったね。
でも、1年経つとそんな辛かった事も今やよい思い出・・・。
そして、1年経ったこどもの成長ぶりに目を見張りますよね。これからもさくらちゃんの笑顔を見守りながら楽しみましょー!
【2006/02/21 00:15】 URL | pinga #n953mqEs[ 編集]
@ひのりんさん@
ありがとう。どこの家も、旦那様は何かやらかしてくれるのかな。v-293
一年間無我夢中でやってきた感じです。
でも、家族に助けられたなぁ。感謝しなくちゃ。
これからも、よろしくね。

@きよこさん@
一歳児ママとして、これからもどうぞよろしくお願いします。v-290
出産って、各々大変な思いをしているんですよね。
男の人には出来ないことだもんね。
二日目にあんなに元気な人も珍しいのかも。(笑)

@和さん@
お産は、どんなことになったとしても大仕事には間違いないです。
女性の強さを実感する出来事ですよね。
これからも、見守ってくださいね。v-411

@みうさん@
読んでくださってありがとうございます。
出産のときのこと、日々の生活の慌しさの中、
すっかり忘れがちだけど、時々思い出すと良いですね。
子供同士同級生ですね。v-434
ママとしてよろしくお願いします。

@ともさん@
お産、呼吸法とかちょっと予習したりしてたんだけど、
何にも役に立たず、終わりました。
普通に生んでみたかったけどね。
元気にスクスク育ってくれていることに感謝ですよね。v-511
これからも、よろしく。

@ナンコさん@
ブログ、ナンコさんと同じところにしちゃった。v-221
ナンコさんの旦那様も出産の日は、のんびりだね。
家の夫も、私より先に、私の部屋のベッドで昼寝して、母が持ってきたお弁当も食べたんだって。
全く、私は一人で心細かったというのに・・・。(笑)
これからも、よろしくね。

@ママちゃまさん@
ありがとうございます。
一年間、泣いたり笑ったりでしたよね。
これからも、お互いに頑張りましょうね。v-91

@pingaさん@
ありがとうございます。
本当に一年経つと、良い思い出ですね。
妊娠したからこそ味わえた出来事ですからね。
娘を授かったことに改めて感謝しなくちゃ。v-343
これからも、よろしくお願いします。
【2006/02/23 17:22】 URL | よっこっこ(お返事です) #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakuranbonouta.blog52.fc2.com/tb.php/2-83e92cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
つなビィ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。